明日から始める
OTセキュリティの第一歩

202297(水)99(金)

2年以上に及ぶ新型コロナウイルスの流行やOT/IoTテクノロジーの進歩、世界各地で発生した工場へのサイバー攻撃の報告など、製造業におけるOTセキュリティ対策の重要性については広く認知されるようになってきた。

本夏には、経済産業省より工場向けのセキュリティガイドラインが正式公開される予定であり、サイバーセキュリティへの取組状況によってはサプライチェーンからの締め出しが起きるなど、経営的なインパクトもますます大きくなっている。


では、これからOTセキュリティ対策を担う企業は何から手をつければよいのだろうか?

Secure OT Summit 2022 - 明日から始めるOTセキュリティの第一歩 -

工場や重要インフラのサイバーセキュリティの最前線で取り組む研究者や先駆的企業の担当者を招き、各社の具体的な取り組み内容の紹介に加え、参加者の皆様が明日からすぐに始められる施策は何か、OTセキュリティの第一歩について議論していく。

開催概要

イベントタイトル
Fortinet Secure OT Summit 2022
開催日程
2022年9月7日(水)~ 9月9日(金)
開催形式
オンライン開催
参加費用
無料
主 催
フォーティネットジャパン合同会社

※個人名義、競合製品の取り扱い企業およびその関連会社、また勤務先メールアドレス以外など、本イベントの対象以外の方からのお申込みは、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。

メディアスポンサー

セッションプログラム詳細はこちら

注目セッション

day1

川崎 嗣人 氏

ベニックソリューション株式会社
デジタル基盤本部セキュリティ運用部セキュリティオペレーショングループ

特別講演

愛されるセキュリティ部署になるには

組織を狙ったサイバー攻撃が国内でも増加しており、情報漏洩や不正ログインによる被害は企業経営にとって大きなインパクトとなっています。そのため、セキュリティ対策が重要な経営課題の一つとなっているのが現状です。

それに伴い、企業全体のセキュリティ意識醸成を担う部門として、セキュリティ部門が持つ役割は非常に大きくなっています。しかしながら、セキュリティ部門は「面倒な対応を押し付けてくる」など、企業によってはあまりよいイメージを持たれていないことも多くあります。

そのような状況では、セキュリティ推進への現場(他部門)からの協力は得づらくなり、セキュリティ意識の醸成というミッション達成が困難になるのは必然です。

この現状を解決するため、セキュリティへの不満や成功事例についての生の声を集めて分析し、その結果を”頼られるセキュリティ八か条”に集約し、現場とセキュリティの距離を縮める”道すじ”として冊子にまとめました。

本講演では、冊子にまとめた”頼られるセキュリティ部門への道すじ”をご紹介します。

day2


桑田 雅彦 氏

日本電気株式会社
デジタルネットワーク事業部門 兼 テクノロジーサービス部門 サイバーセキュリティ事業統括部
シニアプロフェッショナル (サイバーセキュリティ)

先進事例

今、サイバー攻撃の被害が最多!工場/FA機器のセキュリティ対策はどうすれば良い?

製造業/工場ではサイバー攻撃の被害が多発しています。対策不足で攻撃し易く、攻撃の被害による影響度が大きいためです(工場の操業停止、製品品質の問題発生等)。

工場やFA機器のセキュリティ対策はどうすれば良いのか?公開直後の工場セキュリティガイドラインや、NEC自社工場における対策の取組みなどを紹介します。

day3

ワン ハイタオ(王 海涛)

Fortinet, Inc.
OT Business Development, APAC
Regional Systems Engineer

FORTINET

「中国サイバーセキュリティ法」におけるOTセキュリティとは?

2017年に「中国サイバーセキュリティ法」が施行され、2019年には「中国サイバーセキュリティ機密保護システム:CCPS 2.0」がリリースされました。多くの事業者はCCPSに準拠することが求められており、さらに重要インフラ事業者のOT/IoTシステムにはより厳格な追加要件が課されております。

本セッションでは、CCPSの制度構成と準拠レベルを概説し、OT/IoT分野における基本要件と追加要件のレベル分けを紹介します。

また、中国国内の製造事業者(日本企業の直営工場や生産委託先も含む)に対して、フォーティネットのソリューションがどのようにCCPS要件への対応に役立つのかを紹介します。

参加登録